イヌはいつ頃から洋服を着るようになったのか??

イヌが人間と暮らし始めるようになって約1万4千年... イタリアの貴族が小さなイヌを「抱き犬」として、競い合うように装飾品で飾るようになって約700年(14世紀)… 徳川幕府五代将軍綱吉の生類憐れみの令から約320年(1687年)… イギリスで最初のドッグショーが行われて約145年(1859年)… 一般的に人間がイヌを部屋の中で飼い、洋服を着せるようになったのはほんのつい最近のことだ。

そして今回ご紹介するこの写真は最初のドッグショーから70年後、1929年6月29日のドッグショーに併せて開催されたファンシードレス・コンテストの一コマである。 今ではイヌが洋服を着るのは何も珍しいことではないが、今を遡る約75年前にイヌが洋服を着ているという貴重な写真である。 イヌを連れている人々もいわゆる最先端のファッションに身を包んだお洒落な服装で、当時のセレブリティともいうべき人たちだと想像できる。

「古き良き時代」の優雅な雰囲気が感じられるこの写真がどこの国で撮影されたかは我々には知るよしもない(写真の配信元にもわからないようである)が、その登場人物の顔や姿、ファッションをじっと見ていると、アメリカと言うよりはヨーロッパ、イギリスと言うよりはフランスあたりではないかと思えてくる。こんな風に75年前の1枚の古い写真に想いを巡らせるのも一興である。

しかし、のどかな風景は間もなく一変する。 ファンシードレス・コンテストが開催されたこの日から約4ヶ月後の1929年10月24日木曜日、いわゆる「暗黒の木曜日」にニューヨークで株式市場が大暴落、続く10月29日「悲劇の火曜日」に再び大暴落し、株式取引所としての機能が停止し、世界恐慌が始まった。 その影響はすぐにアメリカからヨーロッパへ波及し、「持てる国」と「持たざる国」の対立が激化し、ファシズムの台頭、ヒトラー政権の樹立、第二次世界対戦開始など、世の中は暗く長い戦争の時代へと 足を踏み入れた ...

※写真の掲載期間が終了したため、削除致しました。
       


 
       
MORE LIFE,SOCIETY... home
             

*高齢者は新たにイヌを飼えない?もし貴方に万一のことがあったら、愛犬は...(06.10.28)NEW!!
*海外ニュースから「愛犬との旅行」を考える…(06.8.8)

*DOG YEARのNEW YEAR CARD!!(06.2.13)
*スタイリッシュなデザイナードッグハウス/...怪奇現象??(05.12.27)
*紅葉の京都を満喫して「ペットのお守り」をゲットしよう!(05.11.6)
*地震だ!!台風だ!!そのとき愛犬は・・・?(05.9.20)
*デザインのある生活(05.8.5)
*イヌはいつ頃から洋服を着るようになったのか??(05.6.30)
*メジャーリーグのファンサービス<Dog Day!!>(05.5.2)
*イヌ を連れて目黒川を歩こう!!

 
このサイトへのご意見は...
Copyright (C)2005-2006 stylish-dog.com All Rights Reserved.