stdcnews    
         

岩手県久慈市で「ワンちゃんトイレ・プロジェクト」実施

愛犬家の散歩コースとして親しまれている久慈川の河川公園敷地内に5カ所、「ワンちゃんトイレ」を設置するプロジェクトが7月1日よりスタートした。正しい犬の飼い方の実践普及を通じて、住みよい生活環境の保全を推進するとともに、イヌの糞の新たな処理方法の実証を行って、人と動物が共生できる町づくりを目指した実証事業として実施されたものだ。

このプロジェクトは行政と民間(久慈市、久慈市衛生班連合会、NPO法人久慈ワーキングサポートセンター)の共同事業で、実証期間は2006年3月31日まで。モデルとなったのは、群馬県水上町の取り組みで、プラスティック容器に微生物群(EM菌)を培養させ、糞を混ぜて堆肥化し、花壇などの肥料として使えるというもの。

愛犬家のマナー(糞を回収し、使ったビニール袋を外して糞のみをワンちゃんトイレに捨てる)は勿論のこと、一般の人のマナー(糞以外のゴミをワンちゃんトイレに捨てない)が守られれば、今後「ワンちゃんトイレ」の増設も検討されているようだ。

 

岩手県久慈市公式ホームページ:ワンちゃんトイレ・プロジェクト

MORE NEWS ARCHIVE... home
 
このサイトへのご意見は...
Copyright (C)2005-2006 stylish-dog.com All Rights Reserved.